1. TOP
  2. コラム
  3. 膣内への刺激で「尿意がある感」を「快感」に変える対処策

膣内への刺激で「尿意がある感」を「快感」に変える対処策

中イキに必要なGスポットの開発方法や

膣内性感帯への快感の掴み方に関しては

当エステ「リップス」のこれまでの記事でも

再三、紹介はしてきました。

そして

これらを踏まえた上で

女性からのご応募の際や相談のメール中で

比較的多く頂く内容が

おしっこ出そうな感覚はわかるのですがその先にいけません…

といった疑問や悩みです。

あなたも、以下のような悩みや疑問ありませんか?

  • 中の気持ち良さが良い感じになってきたと思ったら尿意を感じてしまう
  • おしっこしたくなって途中でストップをかけてします…。
  • そもそも膣内の的確な位置を刺激できているのか分からない…。

膣内の刺激から尿意を感じるのは

実はGスポットを刺激できてる証拠でもあるのです。

そして

そこでストップしてしまうことは

もしかしたら

その先の快感を得るせっかくのチャンスを

逃してしまっているかもしれません。

そこで、当ページでは

膣内への刺激で「尿意がある感」を

「快感」に変える対処策を具体的に紹介していきます。

当エステ「リップス」代表でもある

当記事の監修者でもある

僕、リップス代表h-i

へ頂く質問の中でも

比較的多い内容ですので

心当たりのある女性は

当記事を悩み解決のきっかけに

してもらえたら嬉しいです。

膣内への刺激で「尿意がある感」を「快感」に変える対処策

自己開発含めたオナニーにしても

セックスにしてもですが

女性にとって行為中に

「おしっこが出そう」な状態では

集中できません。

途中でトイレに行くのも面倒ですよね(笑)

しかし

この尿意を快感に変えるためには

もう一歩先にすすむ精神的要素と

さらなる開発が必要であり

それこそが

中イキに繋がる可能性が高いです。

ここからは、膣内への刺激で

「尿意がある感」を「快感」に変える

対処策を具体的に紹介していきます。

予めトイレに行っておく

まずは、尿意を感じさせないため

予めトイレに行っておきましょう。

膀胱を刺激されることで尿意が生まれてきます。

また、予めトイレに行っておくことで

「既に出してしまっている」

という概念が根付くため

尿意を感じにくくなる可能性も高くなります。

その先に快感がある」という概念を持つ

漏らしちゃったら

「汚い」「恥ずかしい」という

躊躇する気持ちから

快感から遠ざかってしまっている可能性があります。

これは非常に勿体無い状態です。

それよりも

「その先に中イキがある」

「快感がある」

という概念を持ち

実際に身体で体感的にインプットすることで

その先の快感に気付きやすくなります。

「怖い」「恥ずかしい」という気持ちを吹っ切る

彼とのセックスが「怖い」

あるいは

「漏らしちゃったら恥ずかしい」

と思っていると

その先に進めなくなってしまいます。

その先にどんな世界が広がっているのか

を体感するためには

「怖い」

「恥ずかしい」

という気持ちを吹っ切ることが大切です。

以下の関連記事で気持ちの吹っ切り方や

切り替え方に関してを詳しく解説しています。

心当たりのある女性は参考にしてみて下さい。

「出ちゃってもいい」と割り切る

「出ちゃってもいい」

と割り切るのも一つの手段です。

開き直ることで、気持ちが解放されて

先にある快感を得やすくなります。

1人で自己開発の際には

ペット用のシートなどを敷いて

自己開発してみると後始末も楽になります。

ペットを飼っていないという場合は

セックスや女性のオナニーでの汚れ防止に特化した

防水シーツを敷いておくと良いでしょう。

例えば以下のようなシーツ↓

出典:LCラブコスメ

LC防水シーツは

142cm×200cmサイズで広い面積を

完全に防水してくれます。

ローションを使った状態の後でも

しっかりと防水してくれる

防水加工が施されているので

行為中に漏らしちゃっても安心です。

もちろん、使用後は

そのまま丸洗いもできるため

何度も使えて衛生的です。

こちらLCラブコスメより

3,692円(税別)にて購入できます。

少し強めに恥骨側に圧をかける

Gスポットの位置が分かっていても

恥骨側に圧をかける押す力が弱かったり

中途半端だったりすると

おしっこしたい感覚だけに

なってしまう傾向があります。

恥骨側に圧をかけることで、

尿意から快感に変わる可能性があります。

バイブやディルドを使うことで

圧迫されて快感を得やすくなります。

バイブ選びの際には以下の関連記事を

参考にしてみて下さい。

膣トレを取り入れる

膣トレ自体は、尿漏れや

膣内性感帯の感度アップの効果に期待できます。

そのため

日常的に膣トレを取り入れることで

尿漏れを防ぐことができます。

潮吹き癖のある女性にもおすすめです。

膣トレの具体的なやり方に関しては

以下の関連記事で詳しく解説しています。

併せて参考にしておくと良いでしょう。

セックス経験を重ねる

尿意が実はオーガズムの前兆である

「おしっこしたくなる感覚」が

中イキの前兆であることが明確に

わかるきっかけがセックスの行為中

という事はよくあることです。

セックスは相手の男性がいることなので

とくに僕のようなSっ気の強い男性は

「ダメ~」

「漏れちゃう~」

なんて言われると

絶対にストップをかけずにそのまま

ガンガンいきます(笑)

それにより中イキできてしまう女性も多々います。

居ました。といったほうが正しいかもしれません(笑)

そのため

セックス経験を積み重ねることも

重要ポイントになります。

また、同じ相手とではマンネリ化したり

相手のペニスサイズや形状も変わらないので

違った「発見」を求めて

セフレなどの他の男性とも

セックスしてみるのも一つの手段です。

リップス代表h-iへ任せる

自分で言うのもなんですが

最も早く快感を得れる方法といえます(笑)

リップスにはあなたと

同じような悩みをもたれている女性からも

日々多くのご応募や相談があり

これまで多くの女性を中イキに導いてきました。

リップスにご応募頂いた女性の感想や体験談は

こちら→応募の女性体験談

をご覧ください。

さらに

以下の関連記事では

リップス体験の後に

ご応募頂いた女性から

リップス代表h-iへ頂いた感想や生の声を

LINEやカカオのスクリーンショットそのままで

女性の掲載許可範囲内で紹介しています。

リップスの実績としてご覧ください。

膣内への刺激で「おしっこしたくなる」ことが考えられる原因

膣内への刺激で「おしっこしたくなる」

という感覚が

なにか異常があるのでは無いか…

と不安になってしまう女性も居ますが

ほとんどの場合、異常はなく

むしろ中イキ目的で

膣内を刺激している場合は

刺激すべきGスポットの位置として

間違ってはいないのです。

そこでここからは

膣内への刺激で

「おしっこしたくなる」

という感覚におちいってしまうことが

考えられる原因を具体的に紹介していきます。

膀胱に刺激が伝わっている可能性

膣内性感帯であるGスポットは

ちょうど裏側に膀胱も位置します。

そのため

Gスポットを激しく刺激されてしまうと

膀胱も一緒に刺激されるため

尿意を覚えてしまいます。

Gスポットとしては間違っていないので

このまま刺激を続けて快感を追及していきましょう。

軽い膀胱炎気味になっている

女性の尿道は短いので

細菌が入りやすい構造になっています。

その細菌侵入によって

膀胱炎になりやすくなります。

膀胱炎になると頻尿

あるいは膀胱が空っぽになっていても

尿意を催すことがあります。

反射反応

人間の体には反射反応という作用があります。

寒い時やトイレに入った時に

尿意をもよおす反射反応と同じように

クリトリスやGスポットが

刺激されると尿意を催す

という状態になってしまっているかもしれません。

イキ潮体質

女性の中には「潮吹き」しやすい女性もいます。

オーガズムとは違って

大きな快感を伴うものではありませんが

オーガズムを迎えるとイキながら

潮を吹いてしまう体質の女性もいます。

このような体質の場合、膣トレを

することで改善することができます。

中イキしたいのに潮を吹いてしまう場合の対処策は

以下の関連記事で詳しく解説しています。

心当たりのある女性は参考にしてみて下さい。

体質的にトイレがちかい

日常生活の中でも

トイレが近いという女性もいます。

緊張したりすると余計に尿意を催すこともあります。

とくにセックスのときには

「おしっこが出たらどうしよう」

という強迫観念もあります。

開発不足

性感帯が開発不足の場合

どの刺激がどの性感帯を刺激しているのか

身体がわかっていません。

そのため

せっかくオーガズムに向かっているのに

「おしっこがしたい」

という感覚と錯覚してしまいます。

「尿意がある感」はGスポット刺激できている証拠

ここまでも解説してきましたが

そもそも、Gスポットは

膀胱近くに位置しているため

刺激により尿意を催すことは

異常ではありません。

他にも膀胱炎になりやすい女性や

もともと膀胱が敏感な女性は

Gスポット刺激で尿意を催しやすいものです。

尿意があるからといって

途中で刺激されることを拒んだり

途中でトイレに行ったりすると

せっかくGスポットを刺激できているのに

水を差してしまうことになり兼ねません。

行為の前に膀胱を空にしておけば、

おしっこを漏らすことはありません。

尿意がある感覚は、中イキのための自己開発として

方向性は間違っていないのです。

漏らしてもいいというくらいの気持ちで、

その先の快感を体験しましょう。

まとめ

膣内への刺激で

「おしっこしたくなる感覚」と「中イキの快感」は

紙一重といっても過言ではありません。

今日までのリップスにご応募頂いた女性との

経験を通しても

尿意が快感に変わり中イキできた女性を

多々、目の当たりにしてきましたので(笑)

ここまで当ページにおいては

膣内への刺激で「尿意がある感」を

「快感」に変える対処策として

以下の通りご紹介してきました。

  • 予めトイレに行っておく
  • その先に「快感がある」という概念を持つ
  • 「怖い」「恥ずかしい」という気持ちを吹っ切る
  • 「出ちゃってもいい」と割り切る
  • 少し強めに恥骨側に圧をかける
  • 膣トレを取り入れる
  • セックス経験を重ねる
  • リップス代表h-iに任せる

また、膣内への刺激で

「おしっこしたくなる」ことが考えられる原因としては

以下のようなことが考えられます。

膀胱に刺激が伝わっている可能性

  • 軽い膀胱炎気味になっている
  • 反射反応
  • イキ潮体質
  • 体質的にトイレがちかい
  • 開発不足

中イキをしたいけれど「尿意」が邪魔をして

先に進めないという女性は

防水シートを敷いておくなどの事前準備をして

失禁を恐れずその先にある快感を追求してみましょう。

どうしても一人では怖い場合は

リップスへのご応募で解決してみせます!

 

>>リップスへのご応募はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

中イキしたい女性専用性感マッサージ「リップス」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

中イキしたい女性専用性感マッサージ「リップス」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 彼氏のセックスが下手な場合の原因とその対処法

  • 女性用風俗の性病対策で注意深くみる5つのポイントとヤバい性病

  • 毛じらみの症状から完治までに必要な10の対策法

  • 可愛いコンドームおすすめ20選

  • クリイキから中イキの順番が良い5つの理由

  • 膣の中が全然気持ち良くない女性がイクために必要なこと