1. TOP
  2. 男性用コラム
  3. 女性を興奮させる「言葉責め」のテクニック

女性を興奮させる「言葉責め」のテクニック

「言葉責め」はセックスにおいて

女性の興奮度合いを盛り上げる上で

有効的なセックステクニックの一つです。

当エステ「リップス」でも

状況をみながら

ちょいちょい取り入れてたりします(笑)!

とくに脳で性感を感じるM気質の女性は

言葉責めされることで

興奮して濡れやすくなる傾向にあります。

セックスで「言葉責め」を取り入れることで

女性を興奮させイキやすくさせることもできます。

あなたも「言葉責め」に対して

以下のような悩みや疑問ありませんか?

  • 言葉責めで女性を指摘に盛り上げるためのテクニックを知りたい!
  • 言葉責めが有効な女性の特徴は?
  • 言葉責めするときに注意すべきことは?

「言葉責め」は日頃のセックスに

マンネリを感じているカップルにとっての

マンネリ解消にも役立たせることができ

新鮮なセックスを楽しむことができます。

そこで、当ページでは女性を興奮させる

「言葉責め」のテクニックについて解説していきます。

女性を興奮させる「言葉責め」のテクニック

言葉責めを上手く取り入れることで

言葉責めだけで濡らすこともできます。

立派なセックステクニックでもあるのです。

しかし

女性すべてに有効的なテクニックでないことを

知っておきましょう。

Mっ気のある女性には有効ですが

Sっ気のある女性にとっては

シラケてしまう場合するあるのを

忘れないようにしましょう。

そこでここからは

女性を興奮させる「言葉責め」の

テクニックについて解説していきます。

会話の段階から取り入れる

セックスになって

いきなり言葉責めを始めるのは

女性にとって違和感を覚えてしまいます。

今日は言葉責めでムードを盛り上げたい

と考えるなら

セックスに入る前

例えばホテルに向かう最中や

LINEのやり取りから責めに回る

ということを心がけましょう。

女性側もちょっといつもとは違う

といった雰囲気を感じ取り

ドキドキしやすくなります。

主導権を握る

たとえ言葉責めでも

「責める」という立場を

常に維持しておかなければなりません。

セックスの場では主導権を握っておかないと

相手のペースになり

言葉責めしにくくなってしまいます。

常に女性に対して

先へ先へと積極的に

働きかけてくことが大切です。

「いじわる」を意識する

言葉責めには

「ほめる」と「いじわる」があります。

Mっ気の強い女性には

甘い言葉責めよりも

むしろ

いじめに近いような言葉責めの方が

興奮を掻き立てます。

普段は優しい男性でも

ここは思い切って

「いじわる」な感じを意識してSっ気を

取り入れるとより効果的です。

「焦らし」を取り入れる

言葉責めで女性の興奮度が

高まることを確認できたら

今度は焦らしのテクニックを使いましょう。

欲しいの?

教えてくれなきゃこれで終わりだよ?

など

女性の反応を見ながら

女性が自分自身で

「欲しい」と言うまで焦らします。

受け身に回らない

普段から口下手な男性が陥りそうなところです。

こちらから責める以上は

相手からの疑問や

相手の会話ペースに乗ってしまってはいけません。

あくまでも主導権を握りつつ

女性を翻弄する言葉責めを徹底することが大切です。

女性の濡れ具合いの確認

男性にとって言葉責めは

「効いているのか、そうでないのか」

わかりにくいかもしれません。

言葉責めをしていくと

それに反応して女性は

徐々に性的に興奮してきます。

女性は性的に興奮してくると

膣が濡れてきます。

膣の濡れ具合を確認しましょう。

エッチな言葉をあえて言わせる

男性からの言葉責めだけでなく

あえて女性にエッチなことを言わせて

羞恥心をくすぐる

というテクニックもあります。

女性自らエッチな言葉を言わせるように仕向けましょう。

どこ濡れてるの?

なにが欲しいの?

など

あえて疑問を投げかけて

おまんこです

おちんちんです

などの

普段言わないエッチな言葉を

言わせることで女性を興奮させます。

ときには沈黙も取り入れる

言葉責めというと

常に言葉を発していなければならない

というイメージがあります。

しかし

場合によっては沈黙も必要です。

たとえば

言葉責めで責めても萎えてしまう場合や

言葉責めのネタ切れもあります。

そのようなときは

言葉責めに固執するよりも

むしろ体で責めていく方が

自然体のセックスができます。

女性をセックスで興奮させやすい「言葉」10選

セックスで女性の精神的な部分から

感度を上げ

興奮させるテクニックとして

「言葉責め」は有効です。

しかし

いきなり「言葉責めをしなさい」

といわれても

初心者はどんな言葉を言えば良いのか

分からないでしょう。

そこでここからは

これまで僕、リップス代表h-i

女性用性感「リップス」の代表として

500人以上の女性の性感帯開発や

中イキ達成により知り得ることができた

女性をセックスで興奮させやすい

言葉責めの際に用いる「言葉」10選

を具体的に紹介していきます。

「なんか下が湿ってるよ」

前戯の時点で気分が

盛り上がっているところを狙って

下着の上から指をなぞるようにします。

そして

あれ?なんか下が湿ってるよ

とわざとらしく言ってみましょう。

実際に感じて濡れている女性とって

羞恥心と共に興奮度レベルがアップします。

ソフトに前戯の際に取り入れるには最適なフレーズです。

「濡れちゃってるね」

実況中継的な言葉責めで

とても有効なフレーズです。

クンニの前や手マンしながら取り入れやすいので

頻繁に使ってみましょう

恥ずかしさが倍増して

より感じやすい状況になります。

「今日…凄いね」

いつもと違う感を出すための言葉です。

言葉責めで、精神的にも肉体的にも

感じやすくなっています。

そこに

今日…凄いね」と

ひと声の言葉責めがあることで

一気に女性自身にその状況を

イメージさせることができます。

脳で感じさせることができるため

非常に有効かつ刺激的な言葉になります。

「したかったんだ?」

前戯の最中の濡れ具合をみながら

グショグショだったり

女性の興奮状態などを観察しましょう。

興奮度が上がってきたところで

「したかったんだ?」

と挑発的に発することで

より「欲しい」という気持ちが高まります。

「凄いエッチだね」

セックスをしている最中でも

女性は気持ちや行動が

エロく開放的にになっていくことがあります。

そのタイミングをみはからって

「凄いエッチだね」と言葉責めをすることで

自分自身が淫乱になった気分にさせられます。

エッチな気分に拍車をかける言葉として有効です。

「言ってくれなきゃ分からないよ?」

女性がイキそうなタイミングで

このような言葉責めをされると

恥ずかしいと思うと同時に

興奮させることができます。

イキそうな女性の様子をみながら

焦らしながら言わせることで

興奮度合いも極限まで上げることができます。

「続けるとどうなっちゃうの?」

イキそうになる寸前に

ピストン運動を中断するなど

女性を焦らします。

そして

いじわるな要素を取り入れながら

イッちゃう

やめないで

もっと

などの言葉を言わせましょう。

女性は自分自身の言葉でますます興奮してしまいます。

「今日はこれで終わりで良いか?」

たっぷりと前戯を行い

女性も受け入れ態勢十分になったところで

取り入れると効果的です。

濡れていていよいよ挿入

というタイミングで

女性から

やめないで

いじわる

あなたが欲しい

といった態度が出たり

言葉まで引き出せれば理想的です。

「どうして欲しいの?」

こちらも焦らしのテクニックです。

女性は十分気持ち良くなりグショ濡れ状態で

挿入を期待しています。

その期待に反して

このような焦らしの言葉責めをされると

M気質が刺激されます。

挿入前のタイミングで

「入れて欲しい」と言わせるのを目的に

取り入れるのもありです!

「すぐにはイカせないよ!」

クリイキの際にも

中イキの際にも取り入れやすい言葉責めです。

このひと言で

Mっ気のある女性はドキドキしてしまいます。

もっと気持ちよくさせてもらえると思っただけで

身も心も男性に委ね

乱れてくれたりもします(笑)

セックスで言葉責めする際の注意点

言葉責めは責める相手の女性に性格やタイミング

その内容によっては「言葉の暴力」となります。

女性の心を傷つけてしまい

セックスどころではなくなってしまう危険性もあります。

そのような状態を防止するためにも

ここからセックスで言葉責めする際の

注意点を解説していきます。

キツ過ぎる言葉はNG

男性の中には、AVやエロ動画の言葉責めを

そのまま真に受けてしまう人がいます。

そんな男性がやってしまいがちな

NG言葉がキツ過ぎる言葉です。

メス豚

くそブス

まんこくっせ~んだよ

などは間違っても言ってはダメです(笑)!

このようなキツ過ぎる言葉で興奮するのは

本当のドM女しかいません。

Mっ気が平均レベルの女性にとって

あまりにも過激な責め言葉は

その場の雰囲気を台無しにしてしまいます。

棒読みにならないこと

とくに日本人の男性は

セックスで相手を褒めたり

耳元で愛をささやいたりといった言葉を

発することが苦手な人種といわれています。

言わなくてもわかってくれる

という甘えがあるのでしょう。

そのため

いざ言葉責めをしようとしても

なかなか自然に言葉がでません。

言わされている感が出るような

棒読みで言うくらいなら

言わないほうがまだマシでしょう。

無理をすれば、空回りするだけで

不自然さに女性から笑われてしまうのが落ちです。

受け身に回らない

言葉責めはあくまでも男性がリードして行うものです。

普段から口下手な人は

ちょっと気を抜くと

いつの間にか体制が逆転してしまうこともあります。

パートナーの女性から

逆に言葉責めをされてしまわないように注意しましょう。

相手がMよりの女性であること

大半の女性は本質的にMの気質を

持っているといわれています。

しかし

すべての女性がM気質ではありません。

なかには

独立心が強く誰かに命令されたり、

コントロールされるのが嫌い。

それよりも

命令して相手をコントロールすることに

快感を覚えるという女性もいます。

言葉責めは

本来M気質の強い女性に

効果的なテクであり

S寄りの女性には逆効果の可能性すらあります。

言葉責めをする前に

相手がSかMかの把握が必要です。

まとめ

セックスの際の男性の「言葉」

というのは

女性に対して身体への刺激だけでなく

脳への刺激アプローチすることができ

大きな快感を与えることができます。

脳の中では妄想が繰り広げられたりもします。

そんな言葉責めを上手に使いこなせれば

マンネリ化気味のセックスも

新しいもの変えることができるかもしれません。

そこでここまで当ページでは

以下の通り女性を興奮させる

「言葉責め」のテクニックを

ご紹介してきました。

  • 会話の段階から取り入れる
  • 主導権を握る
  • いじわる」を意識する
  • 「焦らし」を取り入れる
  • 受け身に回らない
  • 女性の濡れ具合いの確認
  • エッチなことをあえて言わせる
  • ときには沈黙も取り入れる

さらに

女性を言葉責めで興奮させやすい

具体的な「言葉」を

リップス代表である僕自身の経験の元

以下通りご紹介してきました。

  • 「なんか下が湿ってるよ」
  • 「濡れちゃってるね」
  • 「今日…凄いね」
  • 「したかったんだ?」
  • 「凄いエッチだね」
  • 「言ってくれなきゃ分からないよ?」
  • 「続けるとどうなっちゃうの?」
  • 「今日はこれで終わりで良いか?」
  • 「どうして欲しいの?」
  • 「すぐにはイカせないよ!」

言葉責めする際の注意点に関しては

以下の通りになります。

  • キツ過ぎる言葉はNG
  • 棒読みにならないこと
  • 受け身に回らない
  • 相手がMよりの女性であること

言葉責めを一つのセックステクニックとして

取り入れることで

あなたのセックステクニックも磨かれます。

言葉責めをするタイミング

「言葉」を発するタイミングなどにも着目して

女性に合わせて試行錯誤しながら

取り入れてみてはいかがでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

中イキしたい女性専用性感マッサージ「リップス」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

中イキしたい女性専用性感マッサージ「リップス」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 女性を中イキさせやすいペニスのサイズと形状を図解で解説!

  • セックスの時に緊張で勃起せず中断せざる得ない際の対処法

  • 女性を潮吹きさせるために必要な知識と方法【男性向け】

  • 玩具責めで女性を気持ち良くするやり方

  • 女性の性感帯開発に重要な10のこと

  • セックス中に萎えそうな気配を感じたときの対処法【男性向け】