1. TOP
  2. コラム
  3. 中イキできるようになる開発方法とコツを徹底的に伝授!

中イキできるようになる開発方法とコツを徹底的に伝授!

女性にとって

「セックスを楽しむ」

という上でも

中イキできるかできないとでは

女性としての夜の顔の魅力も変わってきます。

実は

中イキのオーガズムを

感じたことがないと悩んでいる

女性は多いのです。

当エステ「リップス」にも

中イキできず長年悩まされている

という女性からのご応募や

相談は毎日頂いています。

そして

当エステ「リップス」では

そのような女性達の

最後の駆け込み寺として

愛用して頂き、これまで

300人以上の女性を中イキに

導かせて頂いております。

お陰様でリピーター女性含め

多くの女性に

支持されていることは

非常に嬉しく思っています。

そこで、当ページでは

今日まで

当エステ「リップス」の代表として

300人以上の女性を中イキさせてきた

現リップス代表者h-i監修の元

どうすれば中イキできるようになるのかを

できるだけわかりやすくして

具体的かつ明確に

お伝えしていきたいと思います。

実は、ちょっとした

コツさえ掴んでしまえば

長年の間「中イキできない…」

と嘆いてきた女性でも

簡単に中イキできるようになるのです。

中イキできないと悩む女性が

少しでも自信が持てるように

女性が中イキできるようになるために

必要なことを紹介していきます。

当ページを参考書のような形で

何回も読んで

イメージトレーニングの材料として

身体で覚えてもらえたら幸いです。

中イキできるようになる簡単な開発方法を徹底的に伝授!

ogazumu-kotu
クリイキは、性器を刺激するだけの

オナニーでも十分快感を得ることが

出来ますが

中イキは膣内の性感帯で

快感を得るため

ただ性器を刺激しているだけでは

中イキの快感を得ることはできません。

膣内の性感帯でもある

Gスポットやポルチオを

開発する必要があります。

中イキを体験するためには

脳や身体に

「中イキの快感はこれなんだ!」

と体感で覚えさせる必要があります。

セックス経験豊富の男性とセックスする場合

相手が中イキの性感帯を

熟知していることが多いので、

女性側のセックス経験が少なくても

中イキさせてもらえる可能性はありますが

お互い知識と経験不足で慣れない状態であれば

中イキに達するのは難しいです。

そこで、ここからは

とくにセックスで中イキしたい場合は

膣内の開発状況や体調、精神状態

当然、セックスの相性も左右されます。

そのあたりのポイントさえ知っておけば

セックスでも中イキは簡単に

できるようになります。

ではここからは

簡単に中イキできるようになる

開発方法を徹底的に伝授していきましょう。

リラックス

オナニーにしてもセックスにしても

心の状態によっても快感は左右されます。

ムードによって心をリラックスさせ

より快感を得やすくする必要があります。

例えばオナニーやセックスの最中に

携帯が鳴らないように

機内モードにしておいたり

部屋の照明をムードのある

シチュエーションにする

などして

エッチな行為に集中できる

ムードをつくりましょう。

イキ急がない

中イキは今日訓練したから

すぐに体験できるという

わけではありません。

ゆっくり時間をかけて

開発することが大切です。

中イキがなかなかできないからと言って

自分や相手を責めたり

中イキできるようにと焦ると

なかなか中イキは体験できません。

むしろ遠ざかっていきます。

焦らずゆっくり気持ち良くなる

という事を心掛けましょう。

たとえば、セックスの際に

女性側から自分の性感帯を

彼氏に話すことは、

変態だと思われたり、

相手を傷つけてしまわないかと

気になって話しにくいと

思われるかもしれません。

しかし

いつまでも

そのまま関係を続けていると

中イキを経験できないばかりか

彼との関係も深くなることはできません。

そのため

どこを刺激されると

気持ち良いか…などを

彼と共有することが大切です。

あなたが中イキできるようになれば

彼もその姿を見て興奮し

さらに盛り上がるでしょう。

喘ぎ声を素直に出す

「喘ぎ声が大きいと

男性に嫌われるのではないか」

という気持ちから

喘ぎ声を我慢してしまうと

力んでしまって

うまくセックスの快感を

味わえなくなります。

喘ぎ声を出すことで

自分も相手も性的興奮が高まります。

喘ぎ声は我慢せず素直に出しましょう。

快感度合いを認識する

「快感」は人それぞれの感じ方や

捉え方によって差異があります。

中イキの快感に関しても同様です。

せっかく中イキの感覚を掴みかけている

状態であるにも関わらず

これって…違うんじゃないかな

頭の中が真っ白にならないから違う

身体が痙攣しないから違う

このように思い込み

誤認識している可能性があります。

中イキの快感度合いは

その時のシチュエーション

興奮度合いや

身体の開発具合いによっても

変わってくるため

最初のうちから

頭の中が真っ白になったり

痙攣したりはしません。

後にも解説しますが

膣内性感帯の一つである

「Gスポット」は

膀胱に近いという事もあり

最初の内は刺激しても

快感というより

尿意を催す程度の感覚しかない場合すらあります。

ましてや一人で開発しながら

中イキした場合の快感度合いは

男性に責められるほどの

興奮度合いも無いため

大したことありません。

興奮度合いと開発具合いで快感は左右されます。

膣内性感帯を意識する

Gスポットやポルチオは膣内部にあります。

そのため

クリトリスだけを刺激する

クリイキ目的のオナニーでは

いくら頑張っても膣内が

性感帯として開発されず

中イキできません。

膣の中の気持ち良さが分からない内に

いきなりバイブやディルドといった

玩具を入れるのも気が引けてしまう女性も居るでしょう。

そこで

まずは指で良いので

「膣内を刺激するオナニー」を

意識的にするようにしましょう。

指によるオナニーで膣内の

気持ち良さが分かってきたら

次のステップとして

バイブやディルドといった玩具を

取り入れれば良いのです。

指を使った「指オナニー」で

膣内性感帯を刺激しつつ

中イキのコツをつかむ方法を

以下の関連記事で詳しく解説しています。

参考にしてみて下さい。

Gスポットの開発

膣内性感帯は

刺激することで感覚が開発され

気持ち良さが分かり

性感帯になります。

膣内性感帯の開発により最終的に

中イキができるようになります。

そのため

徐々に気持ち良さが分かってきたら

刺激し続けると、その快感が

どうなるのかを

身体と脳にインプットさせておきます。

このような事を

オナニーやセックスの際に意識することで

中イキが近づいてきます。

ステップとしては

まずはGスポットを開発して

中イキできるようにして

その後の応用編として

ポルチオ性感帯による刺激で

さらに深い中イキを

断続的に感じられるように

すすめていくのがセオリーです。

中イキの基本ともなる

Gスポット開発に関しては

以下の関連記事で詳しく解説しています。

こちらを参考にしてみて下さい。

オナニーの際にはバイブかディルドを使う

オナニーの際に

「指やローターだけ使って

クリイキして終わる」

という女性は

膣内に挿入する玩具を

取り入れるように心がけましょう。

そして、その際には

クリにあてるタイプのローターでは無く

膣の中に挿入するバイブかディルドを

選ぶ必要があります。

ローターではどうしても対象が

クリトリスになりがちで

クリイキよりのオナニーになってしまうからです。

中イキを意識するならバイブかディルドです。

バイブの種類は沢山あります。

初心者の女性は何を選ぶべきか分からない

という方がほとんどでしょう。

以下の関連記事を参考に

あなたの膣に合ったバイブを選んでください。

なお、ディルドやバイブを使ったオナニーで

「膣内性感帯を開発しながら

気持ち良さを楽しみたい」

という女性のために

以下の関連記事で

ディルドを使ったオナニーのやり方を

詳しく解説しています。

バイブでも基本的には同じですので

膣内に挿入するタイプの

玩具を使用して、気持ち良いオナニーを

楽しみながら開発したい女性は是非、参考にして下さい。

膣のトレーニング

膣のトレーニングを行うことで

膣の締まりが良くなってセックスが

気持ちよくなったという

報告が多くあります。

5秒ごとに膣を絞めたり緩めたりします。

これを暇なときに数回繰り返します。

暇な時間がある時に

いつでもどこでもできるため

テレビを観ている時や

読書をしている時

電車の中で座っている時間を

有効活用してみると良いでしょう。

膣トレの効果の有無の確認は

おしっこをする際に途中で

数回止めてみてください。

きちんとおしっこが止まれば

膣トレができている証拠です。

さらに膣トレの詳しい方法に関しては

以下の関連記事で動画付きで

詳しく具体的にお教えしています。

合わせて参考にしてみて下さい。

ポルチオ性感帯の開発

中イキの快感を知らない女性からすれば

Gスポット開発による中イキの快感だけでも

十分に気持ち良いと思える快感かもしれません。

それでも人間には欲というものがあります(笑)

さらに

その先にある気持ち良さに

気付いてしまった場合には

「知りたい」という欲のままにイキましょう。

それがポルチオ性感帯による中イキです。

Gスポットの開発により中イキの快感を

ある程度分かってきたら

次のステップとして

奥側(子宮口側)にある

ポルチオ性感帯の開発も視野に

入れていきましょう。

より深い永続的な中イキの快感を味わえます。

ポルチオ性感帯は慣れないうちは

痛かったり、痛気持ち良い程度ですが

奥への刺激により開発されてくると

気持ち良くなってきます。

ポルチオ性感帯は膣の奥にあるため

開発の仕方を間違えると

子宮口を傷つけてしまう可能性すらあります。

ポルチオ性感帯の開発の仕方に関しては

以下の関連記事を参考にしてください。

気持ち良いと思える体位を知る

セックスで中イキする場合

体位は非常に重要です。

中イキに慣れてきても

「この体位じゃなきゃイケない…」

という女性も居るほどです。

そのため

中イキに慣れないうちは

自身で「これ気持ち良い」

と思える体位を知っておく必要があります。

セックスで中イキする場合

大半の女性が

バックや松葉崩しなどの

膣の奥側を突かれる体位

がイキやすかったりもしますが

こればっかりは相性もありますし

個人差もあります。

中イキが当たり前のようにできる女性に対して

的確にGスポットやポルチオを

突ける相性であれば正常位でもイケます。

まずは自分が気持ち良いと思える体位を知り

セックスの際にその体位を取り入れて

快感を楽しみましょう。

その先に中イキがみえてきます。

一般的に女性が中イキしやすい体位に関しては

以下の関連記事で具体的に紹介しています。

セックスパートナーに取り入れてもらう際に

参考にしてみてはいかがでしょう。

中イキできなくてもクリイキで終わらせない

中イキのためにディルドやバイブを使い

開発を含めたオナニーをしていても

今日も中でイケずにクリイキだけして

終わってしまった…

という経験のある女性は多いかと思います。

「イケないとスッキリしない…」

というような理由で

クリイキして終わらせるのを我慢しましょう。

中でイケなくても

そのまま終了してお預けにしましょう。

おそらく、物足りない感と共に

ムラムラや性欲も溜まるはずです。

次の日か、もしくはその次の日でも

バイブやディルドを使って膣の中を

重点的責めるオナニーをするのは構いませんが

そこでもまた中でイケなかったら

クリイキせずに終わらせます。

このようなサイクルを繰り返すことで

膣の中を開発しつつ性欲や

ムラムラ度合いを高められるため

身体を水面下で中イキに近づけることができるのです。

このサイクルを繰り返すことで

早ければ2~3週間で中イキできるようになれます。

「リップス」に申し込む

これまで紹介してきた方法の中でも

最も簡単で確実な方法といえるかもしれません(笑)。

ここまで紹介して参りました方法を

実践しただけでは

「自身ではどうにもならない…」

という女性も居るでしょう。

そんな女性は

中イキしたい女性専用の

性感エステ「リップス」(当エステ)を

利用して頂ければ、中イキに導きますので。

詳しくはこちらのページ→リップスについてをご覧になった上で

ご検討頂ければと思います。

既にリップスをご利用いただき

中イキができるようになった

女性の体験談は

こちら→リップス体験女性の感想をご確認ください。

中イキできない場合に考えられる理由

ここまで解説して参りました通り

中イキは単に膣内の性感帯を刺激すれば

感じることが出来る

という程あまくはありません。

性感帯の開発状況や

興奮状態

その日の体調など…

精神面も大きく影響してきます。

しかし

中イキを味わえるようになることで

あなたの性生活そのものを

楽しいものに変えてくれます。

中イキできるようにさえなってしまえば

中イキするのは簡単ですが

女性であれば誰でもすぐに

中イキできるという訳ではありません。

以下に示すグラフは

一般女性100人に対して中イキの経験の有無を

リップス独自でアンケート調査した結果

になります。

まず、ご覧ください。

ご覧いただければわかる通り

65%の女性つまり過半数以上の女性が

中イキ経験が無いのが現状です。

ちなみに

クリイキは7~8割の女性ができますが

中イキできる女性は3割程度といわれています。

中イキできない場合は

相応の原因が考えられます。

人間の身体は千差万別です。

そのため

人それぞれ生まれつきある身体の体質や

性格による精神的事情により

中イキを妨げている場合があります

そのような場合は時間がかかります。

精神的事情が中イキを邪魔している場合は

吹っ切る上での覚悟も必要になってきます。

これからそのような原因として

考えられることを具体的に

紹介していきます。

中イキの方法を継続的に実践しているにも関わらず

一向に中イキの扉がみえてこないという女性は

これから紹介することに心当たりが無いか

今一度、ご確認下さい。

膣内性感帯が未開発状態

ここまで再三当ページでも

お伝えしましてきましたが

中イキできるようになるためには

膣内性感帯の開発が

8割くらい重要です。

中イキ達成できる状態にまで

開発されていないと

「中イキしたい」という

気持ちだけが先走ってしまい

身体の開発が追い付かず空回りの原因にもなります。

焦らずに

気持ち良さを楽しみながら

Gスポットやポルチオといった

膣内性感帯の開発に注力しましょう。

クリイキに慣れ過ぎてしまっている

大半の女性はクリイキ→中イキの順番で

中イキができるようになります。

そのため、クリイキが既にできる状態の場合

クリイキの快感に慣れ過ぎてしまい

中イキへの快感へシフトしずらく

なってしまっている可能性があります。

クリイキと中イキの快感は全く別物で

明らかに違います。

まずはクリイキから少し距離をおいて

膣の中の快感を意識してみることから

始めてみると良いでしょう。

その際に

注意点として知っておい頂きたいのは

クリイキから中イキへの順番は

決して悪いことではありません。

その理由に関しては以下の関連記事でも

詳しく解説しています。

実は中イキできている可能性を疑ってみる

中イキの気持ち良さを

過大に期待し過ぎてしまっていたり

1人での自己開発やオナニーが

マンネリ化してしまい

既に中イキできているのに

気付いていないという可能性もあります。

実際に当エステ「リップス」に

ご応募される女性の中にも

以下のような理由でご応募された女性

さらに

上のあいなさんのご紹介から

ご応募頂いたこちらの女性

他にも

以下のような理由から

ご応募された女性も居ましたが

お三方↑とも中イキはできていました。

厳密には

リップスで体感した快感から

改めて中イキを実感できた

といったほうが正しいかもしれませ。

やはり1人では限界があります。

慣れている男性に責めてもらうことで

1人の時とはシチュエーションも違いますし

興奮度合いも上がり

1人の時の倍以上の快感が押し寄せてくることで

より明確に中イキを実感できます。

 

以下の関連記事では

中イキとクリイキの快感度合いの違いや

中イキの具体的な感覚に関してを

リップスの体験で中イキ経験済みの

応募女性達の声と共に掲載しています。

参考にしてみて下さい。

羞恥心や劣等感を感じている

当記事以外でも

お伝えしていることではありますが

中イキには精神的な要素も関係します。

そのため

中イキに対してというより

性的な行為に対しての羞恥心

なんてバカバカしいことしているんだろう…

という疑問からくる劣等感

時より過る場合は

そのような精神的作用が

中イキを邪魔してしまっています。

中イキできない理由が

精神的なことが原因となっている場合は

このような事例が多いです。

不感症

生まれつきの身体の体質上

性感帯が平均よりも感じにくい状態です。

膣の中はおろか、クリトリスさえも

感じにくいという女性も居ます。

それ以外は全く問題ないため

性的興奮から膣も濡れます。

以前、当エステ「リップス」に頂いた

メール相談の中にも

このような症状を深刻に考え

勇気を出して産婦人科で相談したところ

「病的な異常は無いから心配ない。」

と切り捨てられたといった相談がありました。

このような場合、女性としては

悲観的になってしまいがちですが

中イキを諦める必要は全くありません。

心配しないで大丈夫です。

精神的な要素は全く問題無いので

まずは

様々なシチューションで

セックスやオナニーを試し

最も興奮できて濡れやすい

シチュエーション

を見つけましょう。

継続しているうちに

身体のほうも気持ち良い!

心底思える状態を見出すことから

始めてみると良いでしょう。

不感症の治し方は以下の記事でも

詳しく解説しています。

心当たりのある女性はこちらも併せて

参考にしておくと良いでしょう。

まとめ

「中イキをしたい」と思っている

女性は実はけっこうな割合でいます。

ですがインターネットの情報が

過多してしまい

「結局何をすれば良いのか分からない…」と

迷走してしまっている女性も多いのが実情でしょう。

だからこそ当エステ「リップス」にも

毎日多くのご応募やメール相談を

頂けていると自覚しています。

そこで

中イキするために必要な事として

以下の10項目をおさえておきましょう。

  • リラックス
  • イキ急がない
  • 喘ぎ声を素直に出す
  • 快感度合いを認識する
  • 膣内性感帯を意識する
  • Gスポットの開発
  • オナニーの際にはバイブかディルドを使う
  • 膣のトレーニング
  • ポルチオ性感帯の開発
  • 気持ち良いと思える体位を知る
  • 中イキできなくてもクリイキで終わらせない
  • 「リップス」に申し込む

中イキを目指している女性は

当ページで教えたことを取り入れ

オナニーやセックスで

徐々に膣内の性感帯を

開発していきましょう。

当ページで紹介した

中イキできるようになる方法を

半年以上実践しても

中イキの気配が全くない場合は

以下のような原因を疑ってみましょう。

  • 膣内性感帯が未開発状態
  • クリイキに慣れ過ぎてしまっている
  • 実は中イキできている可能性
  • 羞恥心や劣等感を感じている
  • 不感症

女性がセックスでオーガズムを感じるためには

性感帯の開発も重要ですが

精神的な要素も重要です。

相手を信じてリラックスして

セックスを楽しみながら

中イキを目指してみて下さい!

\ SNSでシェアしよう! /

中イキしたい女性専用性感マッサージ「リップス」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

中イキしたい女性専用性感マッサージ「リップス」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • あそこの締まりを良くする方法10選

  • 生理中にオナニーや膣内性感帯開発をする際の10の注意点

  • たった5ステップでできる彼をイカせるフェラのやり方

  • 膣の中が全然気持ち良くない女性がイクために必要なこと

  • バックの体位で突かれると痛い場合の原因と対処

  • セックスで奥を突かれると出血する場合に考えられる原因と対処策