1. TOP
  2. クリイキ
  3. クリイキから中イキの順番が良い5つの理由を現役女性用性感師が解説

クリイキから中イキの順番が良い5つの理由を現役女性用性感師が解説

 2018/11/23 クリイキ
 

ライター紹介

h-i(ひぃ)

h-i(ひぃ)

起業の傍らで働いていた女性向けの風俗で培った経験をいかし、中イキしたい女性専用性感「リップス」を設立。

現在では起業したIT関連業を営みつつ空いた時間を利用してリップス応募女性に対して中イキのための性感帯開発や欲求不満解消といった女性向けのセクシャルなサービスを無償で提供。これまで女性向け性感マッサージや中イキ達成を導いてきた女性の人数は500人以上。

リップスにご応募される女性の中にも

クリイキはできるけど中イキができない…

という理由でご応募される女性はけっこういます。

「イク」という感覚に対して

クリイキしか概念的に無いため

オナニーの際にもクリイキばかりに

偏ってしまうと中でイクという概念は

遠ざかってしまう傾向にあります。

しかし、

クリイキも「オーガズム」ですから

クリでイク事自体は悪い訳では無く

むしろ、中イキ未経験の女性でも

順番としてクリイキから中イキへの

順番というのはセオリーです。

実際に当エステ「リップス」

ご応募される女性の中でも

クリイキできる女性は

中イキした事が一度も無くても

1日で中イキまでできてしまう例は比較的多く見受けます。

そのような場合の多くは

クリイキの快感と連動して

膣内性感帯の感度や興奮度合いが上がり

中イキの快感を体感できる流れになります。

そのような経緯からも僕自身は

クリイキは中イキのためのステップとして

重要であると思っています。

そこで、当ページでは

中イキのためになぜクリイキが

重要なのかという事や

クリイキの特徴に関してお教えしていきます。

リップス体験を通じて

クリイキから中イキ出来た女性の一例を紹介して

検証しながら解説致します。

参考にしてみて下さい。

クリイキの3つの特徴

女性の中には、中イキはおろか

クリイキですら経験が無いという女性も居ます。

いわゆる「イク」という感覚自体を

知らない女性も沢山いるのです。

その中でも中イキを経験した女性は

全体の2割にも満たない

といわれています。

イクという感覚自体を

知らない女性はもちろんですが

中イキしたい女性にとっても

まずクリイキのことを知って

おかなくてはなりません。

普段何気なくオナニーで

クリイキしている女性も

クリイキから中イキに

つなげるために

クリイキの特徴を知っておくと

中イキしやすい体質になっていきます。

そこで、まずここからはクリイキの

3つの特徴を具体的に紹介していきます。

男性の射精に近い

一見大きさも形も全く

違うように感じる

クリトリスとペニスですが

実は、ルーツは同じという説があります。

共通しているのは

両方とも外に露出している性感帯であるということです。

そして、クリトリスは

女性にとって性的快感を得るための

スイッチの役割を果たす部位でもあるのです。

刺激されることで

充血してペニスのように勃起します。

勃起状態で感じやすい状態になっている

リップス代表h-i
勃起したクリに対して「コリコリしてる」とエッチな表現を使う場合もありますよね(笑)

 

クリトリスが勃起状態になると

より敏感になって感じやすくなり

膣内が濡れてきます。

そのような事からも

クリイキは「男性のイク快感」いわゆる射精

近い快感だといえます。

1回で終わる

男性の射精が1回で終わるように

クリイキに関しても

1回イクとくすぐったくなってしまう

という女性が多いのが特徴です。

この辺りも、男性が射精した後に

亀頭を刺激されると

くすぐったくなるのと似ています。

そして、男性の射精のように

少し時間をおくと

またクリイキできるようになります。

リップス代表h-i
中には連続的にクリイキできる女性も居ますが(笑)基本的に1回です。

 

クリイキした後はクリトリスを

刺激されるとくすぐったくなったり

あまり感じなくなってしまう

女性のほうが多いでしょう。

外からの刺激だけでイケる

中イキは膣内への挿入で

膣内性感帯への刺激でイクものですが

クリイキの特徴は外からの刺激だけで

イクことができる特徴があります。

そのため、オナニーのときでも

膣の奥に指を入れなくても

クリトリスへの刺激だけでイケるようになります。

膣の中に指を入れるのは面倒という意見を持つ

女性が多い中でクリイキは手軽といえます。

リップス代表h-i
オナニーの際にもクリトリス刺激派の女性が圧倒的に多いですからね~

 

そのような事からも

ほとんどの女性はクリイキは出来ても

中イキは出来ないという女性が多いのです。

クリイキから中イキの順番が良い5つの理由

クリイキを経験していない女性が

中イキを経験するというのは

容易では無いのが実情です。

絶対とまで言い切れませんが

これまで当エステ「リップス」に

ご応募頂いた女性や僕自身が

経験してきた女性においても

クリイキ出来ないのに中イキができる

という女性は片手で数えられる程度しかいません。

500人以上いる女性の中で片手で

数えられる程度ですから

いかに少ないかが分かるかと思います。

その理由として

クリイキの快感は中イキへのステップとして

欠かすことのできない助走でもあるからです。

助走なくして飛ぼうとしても上手く飛べません。

そこでここからは

クリイキから中イキの順番が良い

具体的な理由を5つ解説していきます。

感度が上がり中でもイキやすくなる

クリイキをするということは

それまでに性感帯が十分に

刺激されているということです。

性感帯以外の箇所でも感度が上がり

どこを触られても

感じてしまう状態にまで

なってしまっている女性もいます。

そして

膣内も十分に潤っているので

中での快感が得られやすい状態です。

これは中イキへの準備万端が整っている

状態ともいえます。

以下の動画は当エステ「リップス」へ

ご応募頂いた女性の体験動画です。

クリイキによって膣内の感度を上げ

そのまま中イキへ持っていった際のリップス体験動画になります。

動画前半はクリバイブによって

エビ反り状態でクリイキしているのが分かります。

こちらの体験女性の場合

クリイキによっては膣内性感帯の感度が

高まっているのが把握出来たため

その後、すぐに膣内性感帯への刺激へ切り替えました。

結果

動画後半では

ご自身で中でイケている感覚を自覚し

「イクイクイクイクッ」

と連呼しながら中イキしています。

女性は今までクリイキは経験済みですが

中イキ経験は無い女性でしたので

この体験通じて初めての中イキになります。

クリイキから中イキの理想的な流れです。

上記動画女性の体験談の詳細は以下の記事になります。

興味のある方は当記事と併せて参考にしてみて下さい。

 

上記の体験女性以外にも

過去のリップス体験談にある

以下の体験談記事の女性

さらに

以下の体験談記事の女性

お二方とも同様に

クリイキから膣内性感帯の性感帯を上げ

中イキを初めて体感出来た女性です。

リップス代表h-i
いずれも初回のリップス体験でクリイキから中イキを誘発出来ました!

 

一度イッてるため興奮状態になっている

クリイキをした後は興奮状態になっています。

ここで、ひと休みしてはいけません。

この快感の波に乗って

一気に中イキに持っていきましょう。

興奮状態になっているため

女性が持ちやすいセックスへの

羞恥心も一時的に忘れることができ

本当の自分の欲望を

解放しやすくなっています。

気分が高まり濡れている

クリイキしている時点で

絶頂に達している状態のため

そこに至るまでの興奮度合いや

快感度合いによっては

必然的に膣内が濡れている状態にあるはずです。

もし、濡れていなければ

快感どころか痛くて

中イキどころではありません。

クリイキをして十分濡れたところで

挿入こそが中への快感へとつながるのです。

気持ちが解放的になれる

クリトリスでも快感を味わうと

幸せホルモンが分泌されます。

中イキの場合は何回もイキ続けられて

興奮状態になっているため

ホルモン分泌量はクリイキ以上に

多いですが、クリイキでも分泌はされています。

すると

気持が自然と解放的になり

それまでの緊張が解け

より感じやすくなります。

女性は、男性と違って気持ちが

安心できないとオーガズムに

達しにくい特徴があります。

そのため

リラックスさせるという意味でも

クリイキは重要な役割を果たしています。

中に入れて欲しい…と欲情する

クリイキで身も心も

ヒートアップしてくると

クリトリスだけでは

物足りなくなります。

もっと刺激を求めて

欲情的になり

「中に入れて欲しい…」

と思えます。

この気持ちは中イキにとっても非常に大切です。

リップス代表h-i
このような状態にまで興奮度合いと快感度合いが上がることで中イキもみえてきます。

 

精神と身体の波長が合ったときに

深いオーガズムを感じることができるのです。

 

以下の関連記事では

当エステ「リップス」の代表のh-iが

今まで500人以上の女性の

性感帯開発やオーガズム達成を

導いていきた経験の中で

クリイキさせやすかったおすすめのローターを

厳選して紹介しています。

興味のある女性は参考にしてみて下さい。

中イキできない女性はまずはクリイキを心がける

女性にはクリトリス以外にも

多くの性感帯がありますが

中イキできない女性にとって

まずオーガズムに直接つながるのが

クリトリスです。

当記事以外でも解説していますが

中イキに比べれば

クリイキは比較的簡単にできるのです。

難易度としては中イキよりもハードルは低いです。

そのため当記事では

クリイキは中イキまでのステップ

とまで言及してきました。

クリトリス自体は体の外にあり

刺激しやすいということや

リップスへの応募女性の傾向からも

中イキできない女性に対して

クリイキできる女性は圧倒的に多いことからも

「まずはクリイキ」を意識しましょう。

クリイキできる事は重要なことです。

クリトリスを刺激して

オーガズムを感じることで

さらに中イキをスムーズに

することができます。

中イキしたければ

まずはクリイキでオーガズムを知ることです。

これがなければオーガズム自体が

どのようなものなのか

知ることができません。

中イキへのステップとして

オナニーやセックスのクンニなどで

クリイキを心がけることです。

1人でもできる

気持ち良くクリイキするための

正しいクリイキの方法を

以下の関連記事で詳しくお教えしています。

参考にしてみて下さい。

 

なお

ローターや電マを使ったところでも

クリトリスの感度が鈍い気がする…

ということに心当たりのある女性は

クリトリスを吸う刺激を与える

「クリトリス吸引型バイブ」を使ってみるのも良いかもしれません。

ローターや電マとは違った刺激になるため

「吸われる」という独特の快感を味わうきっかけに繋がるでしょう。

さらに

膣内性感帯への振動刺激を

同時に与えられるタイプもあります。

これにより膣内性感帯開発も可能となります。

おすすめのクリトリス吸引型バイブに関しては

以下の関連記事を参考にしてみて下さい。

 

精神的な部分で快感をブロックしてしまい

オーガズムから遠ざかってしまうという事に

心当たりのある女性

もしくは

「気持ち良すぎて怖い」といった

恐怖心がブロックになっているという事に

心当たりのある女性は

以下の関連記事を参考にして

ブロックを解除するきっかけにしてみて下さい。

まとめ

当記事を読まれた女性の中にも

中イキを経験してみたいと思っても

なかなかできずに悩んでいる女性も多いでしょう。

だからこそ、当エステ「リップス」

毎日のように応募や問い合わせを

頂くのですが…。

こればっかりは親しい女友達にも

相談しづらいですし

中イキの感じを伝えるといのも難しいものです。

中イキの方法に関して

Gスポットの開発など

主に膣内にある性感帯開発に集中しがちですが

実はクリイキするという事も重要であり

膣内にばかり目がいってしまい

意外と見落としがちだったりもします。

インターネットで

「中イキの方法」や「Gスポット開発」

などを調べてみると

中イキの良さばかりが紹介され

中には検証が取れていない

いい加減な情報も多々見受けます。

そんないい加減な情報に振り回される事はありません。

何事も深刻に考えてしまうと

余計な事まで心配になり

ネガティブな思考にすらなってしまいます。

せっかくの気持ち良いはずのセックスの時間を

台無しにしてしまいます。

リップス代表h-i
中イキは性感帯開発の一つの到達点と考えて焦らずに気持ち良くセックスを楽しんで下さい!

 

実際に体感として中イキを知りたい

という女性や

クリイキはできるけど中イキは分からない…

といった女性は

一度、当エステ「リップス」にご応募頂ければ

中イキに限りなく近づける

もしくは1日で中イキを知ることができます。

リップス代表h-i
ご応募お待ちしてます!

 

>>リップスご応募はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

中イキしたい女性専用性感マッサージ「リップス」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

中イキしたい女性専用性感マッサージ「リップス」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 電マでしかイケなくなってしまった際の対処方法

  • クリイキで気持ち良くイクための正しい方法

  • 「吸うやつ」の超快感的な使い方を超簡単な3ステップで解説

  • 女性が足ピンでないとイケない癖を治す方法